FC2ブログ
フリーエリアタイトル
新着記事
NEXT

パクリとセクハラ

パクリとセクハラ


例えば会社で、男性社員が女性社員の肩をもんで(←逆でも同性でも同じ事ですが)、女性社員が嫌な気持ちになって、この事を誰かに伝えたとして、ひと昔前だったら、「あなたが魅力的だって事なんだからしょうがないよ。」と言う人がいたかもしれない。肩をもんだ男性社員も悪気はないかもしれない。嫌な気持ちになった女性社員も「嫌だけどそういうものなのか…」と思ったかもしれない。
今もきっと「肩もみ」はあるだろうけど、でもひと昔前よりは「肩もみはセクハラ」と認識している人は多いと思う。
しょうがない、とか、そういうもの、でずっと流されてきた事でも、声をあげた人がいたから少しずつだけど良い方向に変わっていくことが出来る。
セクハラする人がセクハラをやめればいいという話ではなく、セクハラされた人も周りの人も、みんながセクハラを認識しする事でセクハラは減っていく。周知徹底。

で、パクリです。
パクリをしてしまう人が「肩もみ男性社員」で、クオリティの低いパクリ品を販売している。これが「肩もみ」。私が「肩もみされた女性社員」。そして、今のハンドメイド界隈は、「肩もみくらいはしょうがないでしょ?」という空気感がゆるゆるふわふわ漂っています。
ちょうどひと昔前の会社みたいな感じな気がします。

女性社員の肩をもまなくても仕事はできます。
人の作品真似しなくても物は作れます。
みんなに知ってもらいたいです。
日記|トラックバック(-)|コメント(-)
2019,09,18 08:53Edit