フリーエリアタイトル

反省の日

反省の日


おしっこの病気治療中のむう。
いたって元気です。

むうはひとり遊びをしないネコなので
わたしを遊びに誘います。
しつこく。
運動不足やストレスも「おしっこの病気」の原因になるので
飼い主もはりきって遊びに付き合うべきなのですが・・・

1102221.jpg




たかが「じゃらし棒」でも、
真剣に振らないとむうは怒り

1102222.jpg





「じゃらし」部分を飲み込んでしまう。
(そして数日後うんちとなって出てくる。)

1102223.jpg




3日前。
むうは、そうとう前に飲み込んでいた「じゃらし」を吐き、
その時血も一緒に吐きました。

・・・そく、病院に連れて行きました。
「じゃらし」を吐いた時、胃の粘膜を傷つけたらしい。
胃薬飲んで様子を見る事になりました。
これで駄目だったら、バリウム飲ませるか胃カメラ飲ませて調べるそうです。
直接お腹を切って調べる方法もあるみたいだけど、どれもハイリスク。


「ねこの日」に、
お湯でふやかした「おしっこ病気用療法食」を食べるむう。
トッピングはガスター10。
↑病院おすすめの、胃にやさしい食べ方
(普通は嫌がって食べない猫が多いらしいけど)

1102224.jpg

むうがグルメでない事がせめてもの救いです。


おしっこの病気も誤飲も、
わたしがしっかり管理していたら防げた事だったので
むうには本当に悪い事をしました。

おしっこの病気の療法食から通常食に戻れるのは数か月後。
あと、誤飲が「じゃらし」だけでなく「ヒモ」部分までだったとしたら腸に絡まり、
手術で取るしかないそうです。
最悪、命を落とす事もあるそう。(←細い糸でも!)

かかった費用のトータルは5万位。(療法食はとっても高価)

わたしは猫飼う前から猫の本沢山読んで、勉強してから飼い始めたので
無知なまま飼い始めた人より罪深いです。
ひたすら反省の「ネコの日」。





▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

今後の予定です。

2011年3月6日(日)
代々木八幡・渋谷手づくり市参加します。→

2011年2月21日(月)~3月12日(土)
神楽坂temame・企画展「パンダが坂にやってくる」→ 

2011年3月12日(土)~27日(日)
三重県総合文化センター 「とびだせ!みえの絵本作家たち展」→ 

2011年4月12日(火)~18日(月) 10時~22時(最終日は18時まで)
京都恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェール「トリ・どり・ワールド展」→ 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

2011,02,22 11:04Edit
COMMENT
COMMENT POST













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
トラックバックURL: